ここでいうブラックとは、「債務整理」・「破綻・再生の申し立て」・「3か月以上延滞」など借り手の信用が失われたことを示す自己情報と考えられるでしょう。
そしてその情報を民間の信用情報機関などがまとめてデータベース化したものをブラックリストと呼べると思います。
確かにこれまでの最悪の信用情報が登録されることには心理的に抵抗があることは察することが出来ます。
でも、よく考えてみてほしいのです。過払い金の請求をする前に、そもそも返済が遅れているのではありませんか?
過払い金が発生している借り主のほとんどの方が、多重債務状態であり、過払い金の請求をするまえからすでに支払いが遅れていることが多いと考えられます。
つまり、過払い金の返還請求をしようが、しなかろうが、ブラックリスト(事故情報)がすでに登録されている可能性も否定できません。
そういうことなので、過払い金の請求でブラックリストに載るということは、結局のところそれほど神経質になる必要はないということになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です