最も簡単な借金の整理法としてよく挙げられているのは、任意整理と呼ばれる方法で、いわゆる債権者と呼ばれる、お金を借りた先の会社などと個別に交渉をすることによって、自分自身が借りた借金の整理を淡々と行っていくという方法があるわけです。これは、一般的に裁判所へ申請をするということもされないことが多いため、自分自身に知識さえあれば、一人でも難なく行うことができるということが、挙げられるかもしれません。さらに、他の方と比べても、比較的費用が安く済むという点も、魅力的だと言えるかもしれません。しかし、現実的なことを考えれば、債権者との間で、個別に交渉をしなければならないため、自分自身が悩んでいる状況かなどにおいては、非常に精神的なストレスを与えてしまうことにもなりかねないということでしょう。ある経験者の話では「借りた個人が債権者に対して任意整理がしたいという風に言ったとしてもほとんどは相手にされないでしょう。一つのケースを相手にしてしまえば、多くの人が任意整理を求めてくることにもなりますから債権者側にとってみれば、厄介だということは言えるかもしれません。」などという風にも言われているように、あまり、現実的な手段としては考えられないという風に言えるかもしれません。確かに、単独で行うことができる任意整理においては、弁護士や裁判所などの申請もなく、非常に安く済ませることはできるわけですが、様々な面倒を、自分自身で背負わなくてはならないという点においては、精神的な負担は非常に大きいものがあるということは言えるのではないでしょうか。実際のところ、多くのケースでは最初に任意整理を考える人もいるようですが、企業側に相手にされないからという理由で諦めることも多い理由で、日本においては、あまり一般的とは言えない申請方法であるかもしれません。それでも、自分自身に精神的な余裕さえあれば、債権者との間で、一対一で密にやり取りを出来る任意整理は、いささか魅力的に映るかもしれませんし、相談できる人が無償でいるということであるならば、このような整理方法を手段として選び取るのも間違ってはいないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です