過払い金

貸金業者からお金を借りる時に、保証人や連帯保証人を立てる必要が出てくることもあるかもしれません。

保証人という名の通り、借りた本人が返済できなくなった時に、代わりにお金を返す義務を持つ立場になります。

払い過ぎたお金を取り戻そうと過払い請求をする場合でも、その時点で借金が残っていた場合には、保証人に迷惑が掛かってしまうと言えるそうです。

 

保証人と、連帯保証人の違いは、その権利の大きさにあります。

まず保証人は、「本人の代わりにお金を返して欲しい」と督促が届いた時に、自分に請求をしないで欲しいとの主張をすることができます。ただし主張内容としては、「借り主の財産の差し押さえをして欲しい」など、強制執行を行うような内容になります。督促がきたからと言って、即支払いということにはなりません。

一方連帯保証人には、強制執行を行う権利がありませんので、借り主に代わって返済を行わなくてはいけなくなります。強制力もなくお金を回収しやすい連帯保証人の方が、貸金業者との契約の際に求められると言われています。

 

もしも過払い金に関して保証人に迷惑を掛けたくないという場合、完済してしまうのが一番早い方法ですが、返済を「保証人と一緒に行う」ことで、過払い金の扱いが変わってきます。専門の弁護士などに相談すれば、良い方法を取ってもらえるでしょう。

過払い金の請求は、保証人が行う場合でも問題ありません。ただし、保証人自らが返済した分に関する過払い金のみになるので注意が必要です。

保証人が過払い請求を行う場合でも、大まかな流れは同じと言われているそうです。例え肩代わりをして返済をした分でも、何かしらの明細をしっかり保管しておくことが大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です