過払い金を回収する際に、示談か裁判かのどちらかの方法を選ぶことになります。

示談はお互いに納得して和解という形で何よりも早く決着をつけることができます。

裁判は手間と費用が発生する分、できる限りの過払い金を回収することが可能となります。

よほど早く終わらせたいという場合ではなければ、裁判をして多くの金額を返してもらうのが一般的と言われているようです。

 

弁護士や司法書士の事務所を選ぶ際にも、まず裁判をしてくれるところ、という選び方をした方が良いでしょう。

裁判をするとなると、事務所側も手間も時間も掛かりますので、嫌がるというところもあるそうです。

事務所によっては「裁判で回収する」「裁判は一切行わない」「時と場合で判断する」と、方針を決めているところが多いようです。

ですが、それでも「裁判をしてでも多く回収をする」という姿勢を見せてくれる事務所は安心ですし、実際にそれだけ動いてくれる可能性も高いです。

その際に、裁判をした場合にどれだけの費用が発生するのか、回収金額がどれだけ変わるのかを提示してもらいましょう。

 

裁判が全てではないですが、裁判をする方向でいる事務所は「裁判を行うほどお金の回収に精力をしてくれる」「裁判を行えるだけの能力がある」「事務所に裁判を行うだけの初期の資金が確保されている」というポイントをクリアしている場合が非常に高いです。

良い事務所かどうか、判断するひとつのポイントとなるかもしれません。

 

もちろん、過払い金の請求をしていることを家族に内密にしたい場合や、自分が疲弊してしまうから長引かせたくないという場合は示談で早めの決着をつけるというのもひとつの方法です。

自分に合った方法を選択しましょう。