悪質な金融機関も多いと言われていますが、弁護士や司法書士にも悪質と言われる事務所があるそうです。

払い過ぎた過払い金を回収するために依頼しているのに、上手く進めてくれない場合や、余計にお金を取られてしまってはどうしようもありません。

酷い場合には、実際に回収した金額からいくらかを差し引いて、本人には少ない額の回収だったと伝えることもあるそうです。

これは着服にあたる行為であり、詐欺罪や業務上横領罪になります。

悪徳な弁護士や司法書士は、どのように見分ければ良いのでしょうか。

 

悪質と言われる場合、何らかの不明瞭なところがある場合が多いそうです。

例えば過払い金を着服したという場合です。

過払い金は消費者金融から振り込まれますが、これは弁護士や司法書士の口座に振り込まれるものではなく、専用の「預り金用の口座」を用意しなくてはなりません。

この口座を用意しない場合や、依頼者に許可なく交渉を進めている場合、取引をした履歴を隠している場合など、何か工程を隠す可能性のあることをしている場合は疑った方が良いかもしれません。

また、進捗などの報告が遅すぎる場合や、直接顔を合わせる面談の機会が少ない、もしくはない場合、契約書の内容が曖昧という場合、問題がある事務所であることが多いと言われているそうです。

 

過払い金回収は、決して少ない額ではないことと思います。

契約をする前に、自分で少しでも怪しい、内容が不明瞭と感じることができたらいいのですが、そもそもの過払い金に関する知識がなければ疑うこともできない場合が多いでしょう。

弁護士や司法書士に依頼の丸投げをするのではなく、自分もある程度の知識を持って臨んだ方が安心と言えるでしょう。